本能寺ホテルロケ地ホテル建物とは?

2018年02月10日(土)にて・・・

土曜プレミアムの番組内で、

本能寺ホテルという作品が放送されます。

 

この映画が、民放等で放送されるのは・・・

なんと!

 

地上波初放送なのです!!

 

これは、その日の公開される最新作である

 

今夜、ロマンス劇場で

 

という作品の公開記念、第2弾として、

本能寺ホテルが、放送されるわけです!

 

しかし、その本能寺ホテル自体の建物って・・・

どのように、造られているのか?

また、どこかの建物や公共施設などがモデルとなっているのか?

その点が気になります!

 


出典:https://www.nihonhoeipro.co.jp/manager-blog/2017/01/15/entry-12238279652/

 

では、今回・・・

本能寺ホテルロケ地と、そのホテル建物正体とは?

その点について、触れていきます!

 

スポンサーリンク

 

本能寺ホテルの舞台!ホテル建物の正体とは?

まず、気になるのは・・・

この画像に見憶えが無いでしょうか!

 


出典:https://ameblo.jp/wooolllooow/entry-12335643568.html

 

ネットで、そのホテル建物について調べてみると・・・

ロケ地となった県名や地名と寺などが、ロケ地として、表記されてはいたものの、

肝心のホテル建物の正体までは判明されていなかったのです!

 

そして、本能寺ホテルの舞台であるホテル建物の正体とは?

 

東映太秦映画村で、造られたセットだったのです!

 

主人公の繭子(綾瀬はるか)が泊まることとなる、

本能寺ホテルは、表のセットを建てて撮影に臨んだのです。

 

その他にも、映画村にある時代劇オープンセットには、

コンクリートを敷き詰め、現代の京都の町や家を再現したそうです。

 

映画村に隣接する東映京都撮影所では、

本能寺の信長(堤真一)の部屋や、

本能寺ホテルのロビーやエレベーター、そして・・・

バーのセットをまで制作したとのことなのです。

 

では、後半・・・

本能寺ホテルのロケ地には、どんな場所があったのか?

その点について、今度は触れていきます。

 

スポンサーリンク

 

本能寺ホテルのロケ地には、どんな場所があったのか?

では、映画「本能寺ホテル」のロケ地とは?

一体、どんな場所が使われていたのだろうか?

それは、以下の通りです!

 

大本山 東福寺

大本山 随心院

臨済宗 妙心寺派 大本山 妙心寺

仁和寺

高雄山 神護寺

真宗大谷派 東本願寺

下鴨神社 賀茂御祖神社

今宮神社

鴨川(三条大橋)

京都市市民活動総合センター

FUNATSURU KYOTO KAMOGAWA RESORT(鮒鶴京都鴨川リゾート)

柳小路

渡月橋付近

八坂通(八坂の塔)

ねねの道

先斗町

 

以上が、ロケ地となりますが・・・

いずれも、京都府内にある場所が主なロケ地として

撮影されていたようです。

 

総括(まとめ)

本能寺ホテルのホテル建物の正体とは?

東映太秦映画村で、造られたセットだった!

本能寺ホテルのロケ地は主に京都で撮影されたシーンが、

ほとんどであった。

 

他にも、京都府以外でも・・・

ロケ地として使われている場所もあるようです。

 

スポンサーリンク