三味線屋の勇次南無阿弥陀仏!その意味とは?

まず、三味線屋の勇次とは、何者なのか!

ご存じでしょうか?

 

これは、必殺仕事人シリーズの中で・・・

登場した、仕事人のキャラです!

 

三味線屋の勇次の仕置技は・・・

三味線の一番細い糸にろうそくのろうと油を染み込ませ、

その糸を悪人に向かって投げ付けると、悪人の首に巻きつけます。

そして、その悪人を吊るして窒息死させる。

 

という当時としては、インパクトがあり・・・

視聴者もおそらく、その華麗なる技にテレビの前で、

釘付けとなっていた事でしょう!

 

今の若い人達が、三味線屋の勇次を知ったキッカケとして

考えられるのは、おそらく・・・

遊戯業界で、知ったという方もいることでしょう!

 

もしくは、BS朝日で放送されている

必殺シリーズの再放送で知った!

という人もいるでしょう。

 

三味線屋の勇次が登場したテレビシリーズとしては・・・

新・必殺仕事人(1981年)

 

必殺仕事人Ⅲ(1982年)

 

必殺仕事人Ⅳ(1983年)

 

必殺仕切人(1984年)

 

映画版の必殺では・・・

必殺!THE HISSATSU(1984年)

 

必殺!主水死す(1996年)

 

必殺!三味線屋・勇次(1999年)

 

土曜ワイド劇場

京都マル秘仕置帖(1999年)

 

京都マル秘仕事人Ⅰ(2001年)

 

京都マル秘仕事人Ⅱ(2002年)

 

この土曜ワイド劇場版に関しては、特殊で

三味線屋の勇次をイメージした仕置シーンで登場します!

 

ここまで、ざっと・・・

三味線屋の勇次が登場した番組や映画について

簡単に触れていきました!

 


出典:https://middle-edge.jp/articles/I0000359

 

それでは、これからが本題です!

三味線屋の勇次の羽織物の背中には・・・

 

南無阿弥陀仏

 

と、刺繍されたものを仕置のシーンで

着用されていました。

 

では、今回・・・

三味線屋の勇次の南無阿弥陀仏とは?

一体、どんな意味があったのか?

その点について、触れていきます!

 

スポンサーリンク

 

三味線屋の勇次が羽織る!「南無阿弥陀仏」の意味とは?

三味線屋の勇次が、南無阿弥陀仏という、

背中に刺繍が施された、羽織物を着用されたのは意外にも・・・

必殺仕事人Ⅳの第23話からなのです。

 

実は、それまで・・・

その刺繍が施されていた羽織では無かったのです!

 


出典:http://www.nicovideo.jp/watch/sm23486138

 

実のところ、ネット上で・・・

三味線屋の勇次が、南無阿弥陀仏の刺繍が施された羽織を

着用するようになった意味について調べてみたものの・・・

真相は分かりませんでした。

 

当時の番組の演出で、それを着用するようになった。

 

と言えば、それまでです。

 

しかし、南無阿弥陀仏の刺繍が施された羽織を着るようになったのも

何か意味があるハズだと、私は考えたのです!

 

もし、その意味があるとすれば・・・

みなさんは、どのように考えますか?

 

私は、南無阿弥陀仏の刺繍が施された羽織を

着るようになった意味があるとすれば・・・

 

幾多の悪人を仕事に掛けて来た、その償いか?

あるいは・・・

 

悪人によって、頼み人が手に掛けられた方々への想い?!

 

他にも、勇次が三歳の頃・・・

父で仕事人だった藤兵衛への念仏?!

 

など、三味線屋の勇次と云えど・・・

数々の悪人を手に掛けてきた仕事人です!

 

もし、本当の意味があったとすれば・・・

私としては悪人によって、頼み人が手に掛けられた方々への

無念を背負っているからだと、私は信じたいと思います!

 

あくまで、真意までは未だに分からない闇の中状態です。

 

では、後半・・・

本来の南無阿弥陀仏とは、一体、どんな意味なのか?

今度は、その点について触れていきます。

 

スポンサーリンク

 

本来の南無阿弥陀仏とは、一体、どんな意味なのか?

本来の南無阿弥陀仏とは、どういう意味なのか?

一般的に、南無阿弥陀仏と聞くと・・・

念仏を唱える時に、聴きますね。

 

しかし、南無阿弥陀仏の意味までは・・・

知る人はそうそういないでしょう!

 

この事について調べてみると・・・

南無阿弥陀仏という念仏を唱える意味には、

他力の念自力の念の2つがあるそうです。

 

他力の念とは、阿弥陀如来の本願力という意味で今日では、

他力本願と云われています。

 

一方、自力の念とは・・・

よく、葬式や墓参りなどで唱えている念仏を云います。

 

「なんまんだぶ、なんまんだぶ」

 

という念仏を唱える時があると思いますが・・・

それが、自力の念というものなのです!

 

三味線屋の勇次の背中の南無阿弥陀仏には・・・

依頼人からの無念を背負う念 = 他力の念

三味線屋の勇次が悪人を闇に葬る念 = 自力の念

といったところでしょうか!

 

総括(まとめ)

三味線屋の勇次が羽織る!「南無阿弥陀仏」の意味とは?

依頼人からの無念を背負う念 = 他力の念

三味線屋の勇次が悪人を闇に葬る念 = 自力の念

それぞれに意味がある!

 

本来の南無阿弥陀仏の意味とは?

他力の念自力の念2つがある。

 

三味線屋の勇次が羽織る南無阿弥陀仏に意味があるとすれば・・・

依頼人からの無念を背負う念と

三味線屋の勇次が悪人を闇に葬る念があると言えます。

 

つまり・・・

 

恨みを晴らし悪を断つ!

 

という意味ですね。

 

しかし、三味線屋の勇次は華麗で印象のあるキャラですね。

 

スポンサーリンク